マダガスカル航空(Air Madagascar)について

・世界屈指の低クオリティ航空会社として有名なマダガスカル航空。マダガスカル国内の路線を独占しており、競合がいない為、低クオリティ&高額運賃を維持し続けています。

・マダガスカルは陸路での移動も未発達で、長距離移動はタクシーブルースというこちらも世界屈指のクオリティの地獄の乗り物でしか移動できません。その為航空会社も「別に嫌なら乗らなくても構いませんよ。タクシーブルースで移動すればいいじゃありませんか」というスタンスと隠そうとしません。タクシーブルースについては地獄の乗り物タクシーブルース情報(朗報あり)で紹介しています。

・マダガスカル航空の悪評には、「予約キャンセルは当たり前」「勝手にフライトが変更される」「フライト時間前に飛んで行ってしまう」などがありますが、実際に乗ってみた感想を書いていきたいと思います。

(2017年4月の情報です)

スポンサーリンク

予約キャンセル・フライト変更について

・これは噂通り本当でした。実際の出来事を書いていきます。

①マダガスカル西側のトゥリアラ(Tulear)から最南端のトラニャロ(Tolanaro)への直行便を予約する。トゥリアラ15時5分発トラニャロ15時50分着の便。

②フライト日の2日前の夜にメールで連絡が来る(内容はフランス語)。グーグル翻訳で頑張って翻訳すると内容は「あなたのフライトは8時25分トラニャロ発10時5分アンタナナリボ着。乗り継ぎがあり、13時アンタナナリボ発14時50分トラニャロ着です」というもの。「変更になりました。」もお詫びもなくこれだけ。初めは意味がわからず、間違って予約したのかと思いました。

③訳が分からないので翌日(フライトの前日)街中にあるマダガスカル航空のオフィスに直接行って聞いてみる。すると乗客が7人しかいないので予約した直行便はキャンセルとなったとのこと。ツアー客などの団体客がいないとアンタナナリボを経由する便以外はピークシーズン以外の時期は基本的にキャンセルになるようです。

④その日の夜8時(フライトの前日)メールが来る(フランス語)。内容は「アンタナナリボ→トラニャロのフライト時間が変更になり、アンタナナリボ7時発トラニャロ8時30分着に変更になりました。このメールには返信しないでください。他の便が良い方はホームページか電話で変更してください。」というもの。

⑤トラニャロ発の便はアンタナナリボ着が10時5分なので、7時発の便に乗るのは不可能な為、ホームページで変更しようとするが、システムエラーとなってしまい変更できず。電話するが営業時間外の為繋がらず。不安なまま夜を過ごす。

⑥翌日アンタナナリボ行きの便に乗る時にチェックインカウンターでどうしたらよいのか聞くと「アンタナナリボに着いたら向こうの職員に聞いてくれ」と言われる。

⑦アンタナナリボ到着。マダガスカル航空のカウンターで職員に聞いてみると、今日のフライトはないので明日のフライトに変更になるとのこと。お詫びの言葉はもちろんなし。

⑧航空会社側のミス(都合)で乗れなかったので、ホテルを用意され一泊する。これについては最後に書きます。

⑨翌日空港へ行きチェックインカウンターへ。パスポートを出すと「あんたのフライトは昨日のものだから乗れないと言われる」。事情を一から説明して何とか乗れる。無事トラニャロへ。

・上記のような出来事がありました。本当にいきなりキャンセル&フライト変更があります。しかも直前に。私はたまたまWifiが繋がる宿に泊まっていたのでメールで変更内容を確認できましたが、マダガスカルはWifiがない宿もたくさんあります。フライトを予約している方は必ずWifiが繋がる宿に泊まり、前日の夜にメールを確認することをお勧めします。

フライト時間の前に飛んで行ってしまう

・この噂については半分本当で、半分嘘だと思います。

・私は上記のフライト変更があったこともあり計3回マダガスカル航空に乗りました。その3回全てでフライト時間前に飛んで行ってしまいました。ただし時間前といっても10分~20分前です。そもそもマダガスカルの空港はどこもとても小さいので、搭乗が非常にスムーズに行われます。その為フライト時間前に全員搭乗でき、離陸準備が出来る為に早めに飛んで行ってしまうだけだと思われます。

航空会社が用意したホテルとサービス

・フライト変更があった為等で予定していた便に乗れなかった場合、基本的にどの便も一日一便しかなく翌日のフライトとなってしまう為、おそらくホテルが用意されます(無料です)。

・国際線の建物内にあるマダガスカル航空のカウンターに行き、予約表などを見せれば相手もわかると思います。ちなみに空港ではどこも英語が通じました。

・カウンターで紙をもらい、車でホテルに連れて行ってくれます。ホテルは下の画像の場所でした。ホテルはシングルルームでタオル付き。食事が3食付きます(フライト時間によって変わると思います)。Wifiそこそこ。翌日空港に行く際も送迎があります。すべて無料です。部屋数はかなり多く40部屋くらいありました。他にも何人か泊まっている人がいたので、おそらくフライトキャンセルになった人はこのホテルに連れていかれるのだと思います。

・・・空港
・・・泊まった宿(Los flots blue)

宿はプール付き

カメも放し飼いされています

悟空もいます(部屋にテレビ付き)

スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る