フィリピンで語学留学をしてみた感想

・私は海外を旅する前に多少英語での会話ができるようになることを期待して2カ月間だけフィリピンのセブで英語の語学留学をしました。

・留学当時語学力は中学生レベル程度だったと思います。学生の頃受けたTOEICの点数はリスニングが200点、ライティングが350点くらいだったと思います。それから約10年英語を触れずに生活していたので、英語力は0(初心者)の状態だったと思います。

・2カ月間、週5日、1日8時間(うち6時間はマンツーマン授業)の留学してみた結果、ほとんど英語力は上達しなかったと思います。なぜ上達しなかったか自分なりに考えた理由や感想を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

英語留学で英語が上達しなかった理由・感想

日本人の比率が多い学校を選んだから

・私は韓国人が嫌いなので日本人率が約90%の学校を選びました。韓国人がほぼいなかったのでストレスはありませんでしたが、やはり周りが日本人ばかりなので、つい日本語を話してしまっていました。短期間で英語を上達させるには英語しか話さない状況に身を置くことが一番大事だと思います。

スパルタではない緩い感じの学校を選んだから

・フィリピンの語学学校にはスパルタの学校とそうでない学校があります。スパルタな学校では一切の日本語が禁止されていたり、1日10時間以上授業があったりするようです。私は当時英語を使わなくなって10年も経っていて、リスニングもスピーキングもほぼできない状態だったので、スパルタの学校は自分には無理だと思い、そうでない学校に行きました。そうでない学校では英語が上達しないというわけではありませんが、どうしても甘さが出てしまうと思います。

留学期間が短かったから

・2カ月では英語初心者が上達するのは難しいと思います。期間を長くするか、日本でそれなりに鍛えてから留学することをお勧めします。

そもそも英語初心者は短期間では英語は上達しないから

・これが英語留学をしてみて一番感じたことです。フィリピン留学を勧めるサイトや雑誌では、「フィリピンは他の国での留学と比べてマンツーマン授業が多いからたくさん話せるので短期間で上達できる」ということをアピールしています。確かにマンツーマン授業が多いことは魅力の一つであり、それなりに英語が聞き取れ、話せる人には有効です。

・しかし、英語を聞き取れない、話せない人にとってはあまり意味のないことです。それなりに会話を成立させられる人にとってはマンツーマンでどんどん会話ができるので、どんどん上達すると思います。しかし英語初心者は「先生にゆっくりしたスピードで質問される」→「何度も聞き返して英語を聞き取る」→「何を聞かれたのか時間をかけて日本語に訳す」→「日本語で答えを考える」→「時間をかけて英語に訳す」→「英語で答える」という手順を踏むことになるので、マンツーマン授業だからと言ってもそれほどスムーズに会話が成立できません。スムーズに会話が成立できないということは、リスニングの時間もスピーキングの時間も少ないということなので、マンツーマン授業でもあまり意味がないと思うのです。

・フィリピンの英語留学はマンツーマン授業が多い為、英語力が1の人を2、3、4と上達させていくには優れた場所だと思います。しかし、英語力0の人を1にすることは時間をかけなくてはできないと思います。6カ月や1年といった時間のある人は別として、数カ月しか時間のない英語力0の人にはお勧めできないというのが私の感想です。(ここでいう英語力0の人とは、「初めて観る普通のスピードの英語の映画」は字幕がないと何を言っているか全く理解できない人です。英語力1の人は20%くらい理解できる人と考えて下さい)

・もし英語力0の人が留学したいのであれば、日本で英語の映画をたくさん観たり、オンライン英会話などを受講して、英語力を1にしてから行くことを強くお勧めします。0のままで行っても時間の無駄だと思います。

・ちなみに私は何の準備もなしにフィリピンに行き、先生に「日本では外国人と話す機会もなかったし、オンライン英会話もしないでフィリピンに来た」と言ったら驚かれました。おそらく向こうの先生達もそれなりに会話が成立することを前提に待ち構えていると思います。語学留学を勧めているサイト等では「英語が全くできなくても大丈夫」といった文言で留学を考えている人を安心させていますが、それは間違いだというのが私が実際留学した感想です。

(上記の感想は個人的なものです)

スポンサーリンク

世界一周する前の語学留学について

・英語ができない方が、世界一周する前に少しでも英語力をつける為に短期間フィリピンに留学する方は多いと思います。(私も世界一周ではないにしても、海外を周る前に英語が話せるようになりたくて短期留学しました)

・実際私は留学するも英語力は向上することなく、機内アナウンスも何を言っているのか分からない状態で海外のあちこちに行っていますが、それほど困らずに旅ができています。

・海外のバックパッカーや英語が話せる現地の人と大いに語り合うという旅のスタイルを望んでいる方は英語力は必要だと思いますが、そうでない場合はそれほど英語の聞く・話す能力は必要ないと個人的には考えています。(読む能力はそれなりに必要だと思います)

・世界のほとんどの国は英語が母国語ではありません。ヨーロッパのバックパッカーの多くの人は英語がペラペラですが、こちらが英語初心者と分かるとそれを理解してくれて、ゆっくりとやさしい単語で話してくれます。(イギリスなどの英語が母国語の人は、世界中の人は英語が出来て当たり前と思っているので、英語初心者に対しての優しさなどありませんでしたが)

・英語が母国語ではない国の現地の国の人たちには、英文で長々と話すよりも単語をつなげて話した方が理解されます。

・英語ができないので海外を旅するのは不安だと考えている方は、ぜひ勇気を出して海外に出て行ってみて下さい。きっとそれほど英語が必要ないことが分かると思います。

トップへ戻る